薬との関係について

2014.1.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

立ち仕事をしていて、夜になると足がパンパンにむくんでしまう人は多いでしょう。

ストレッチや着圧タイツなどを使用してもむくみが解消されない時によく用いられる

のがサプリメントです。

 
市販されているサプリメントは錠剤タイプが多く、多くの会社からいろんな種類のサ

プリメントが売られています。

 
手軽に利用できて、効果も得られやすいので多くの人がサプリメントを愛用してい

ますが、注意したいのが薬との関係性です。

 
心臓病や脳梗塞などの持病がある人は、抗血栓薬を処方されている場合がありま

す。

 
このような時に、むくみ防止サプリメントを長期過剰摂取すると、抗凝固作用が高

まり、出血傾向が強くなる恐れがあります。このような場合は、長期過剰摂取する

のは避けましょう。

 
どうしてもむくみが気になる場合は、まずかかりつけの医師に相談をして、一緒に

薬と服用しても良いかどうかを確認してから服用することにしましょう。

 
サプリメントといっても、薬との関係によっては健康に害を成す危険性があります。

 

 

持病がある人の場合は、自己判断で服用を始めるのを避け、必ず医師と相談して

からサプリメントを利用するようにしましょう。

 
健康な身体を維持するためには、事前の確認が必要不可欠です。”